遺産を相続しない

青い空と雲

相続には、現金や家など遺産になるものを受け継ぐものなのですが、相続は決してプラスになる遺産ばかりではありません。マイナスになる遺産もあるのです。それは借金です。借金も相続に関連するものでして、亡くなった人が借金を抱えていれば、その親族の誰から相続として受け継がなければならなくなるのです。よく、亡くなるまでその人が借金をしていたのを知らずに、亡くなってから知ることとなり、自分がしたわけでもない借金を抱えてしまうことになる人が存在しています。ですが、だからといって自分で作ったわけでもない借金をたとえ親族であっても抱えたくないと思う人は多いものです。そのような人のために「遺産放棄」という手段をとることができます。

遺産放棄をするためにはまず、弁護士に相談することがベストとなります。ほかにも法律の専門家に相談する方法がありますが、その法律の内容によっては受け付けてくれる内容と受け付けてくれない内容とがありますので、まずは弁護士に話を持ちかけて、どのような対策をとれば良いのか法律事務所にいって話を聞くのが良いです。最近では、30分間無料で相談を受け付けてくれる弁護士もいますので、相続について悩みを抱えているのであれば相談をすると解決に向けてのアドバイスをいただくことができます。もし、相談をするのであれば事前に話をまとめて短い時間で伝えられるようにすると、長い時間をかけずに弁護士に伝えることができるようになります。